長谷川秀一公旧居跡

この情報をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

PREV

NEXT

織田信長の側近で数々の奉公職や検使などを務めました。天正10年(1582年)、徳川家康一行は信長の本拠地安土を訪れました。秀一は接待を命じられ、上方見物の案内も務めました。しかし、堺滞在中に、信長が本能寺で襲われたため、家康らと伊賀越えで熱田まで逃れました。

基本情報

住所 〒493-8001  一宮市北方町北方字東渡り58-2(屋敷跡)
〒493-8001  一宮市北方町北方字宮浦42(石碑)

アクセス

Useful Information

お役立ち情報

おでかけ前にチェック!

関連WEBサイト

PR