木曽川堤(きそがわづつみ)

この情報をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

PREV

NEXT

一宮市北方町から江南市草井まで約9㎞(市内4㎞)にわたり木曽川堤防上に植えられた桜並木があります。
これらの作田は明治18年に植えられたもので、樹齢100年を超すという桜の古木も見られます。
早咲きのヒガンザクラ、シダレザクラに続き、ソメイヨシノ、ヤマザクラが包みを覆い隠すように満開の桜の競演を魅せます。
木曽川堤の桜は、国の名勝・天然記念物に指定されています。

基本情報

住所 一宮市北方町~江南市草井
木曽川堤(北方町・光明寺・浅井町)
※アクセスマップは駐車場の「138タワーパーク」を示しています。
駐車場 ・国営木曽三川公園138タワーパーク駐車場(約900台)
・大野極楽寺公園野球場
PR・ひとくちメモ 見頃:3月下旬~4月上旬
関連サイト

アクセス

  • 車
    東海北陸道「一宮木曽川IC」より約8分
  • 公共交通機関
    公共
    交通機関
    名鉄「名鉄一宮駅」、JR「尾張一宮駅」から
    名鉄バス一宮総合体育館行き「138タワーパーク」下車徒歩約3分

Useful Information

お役立ち情報

おでかけ前にチェック!

関連WEBサイト