重要なお知らせ

第66回おりもの感謝祭一宮七夕まつり開催計画変更のお知らせ 詳しくはこちら

閉じる

笠懸の松(下り松)

この情報をシェアしよう!
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

PREV

NEXT

日本武尊が伊吹山征伐の途中、この地の下り松に笠を懸け休息し、南の戸塚の剣研石(七つ石)で剣を研ぎ、北の花池の蓮田に咲く花をめでられたと伝えられている。ただ、当時の松は台風や病害で倒れてしまい残っていなかったため、伝承通り枝が下方に向いた松を昭和59年に植樹した。

この地は、 日本武尊 (やまとたけるのみこと ) が笠を懸けて小休止した跡といわれる。
ゴルフ練習場西側 道路は一方通行(北向き)です。説明板あり。

基本情報

住所 〒491-0847  大和町宮地花池字下り松

アクセス

  • 公共交通機関
    公共
    交通機関
    ・名鉄名古屋本線「妙興寺」駅より徒歩8分

Useful Information

お役立ち情報

おでかけ前にチェック!

関連WEBサイト

PR