直線上に配置
郷土出身
戦国武将 山内一豊 戦国武将 山内一豊

戦国、安土桃山時代の武将。織田信長に仕え、その後豊臣秀吉に仕える。小田原の役の後、遠州掛川6万石を得る。関が原の合戦で徳川家康につき、土佐20万石を与えられる。妻千代の内助の功により駿馬を買った話は有名。

山内一豊

一豊の妻・千代

山内一豊肖像

   (財)土佐山内家宝物資料館所蔵

 見性院肖像

    (財)土佐山内家宝物資料館所蔵

  生  誕  1545年(天文14年) 
  死  没  1605年(慶長10年)
  享  年  61歳
  出身地   尾張黒田

       (現:一宮市木曽川町)
  幼  名  辰之助

   生  誕  1557年(弘冶3年) 
  死  没  1617年(元和3年)
  享  年  61歳
  出身地   近江八幡、郡上八幡

    (出生地については諸説あり)
 



直線上に配置