一宮市民の守り神として崇敬される真清田神社の祭神天火明命の母親、萬幡豊秋津師比売命は太古から、織物の神として知られ、そのご加護によって、当地方の織物業が発達したといわれることから、毎年7月の最終日曜日をフィナーレとする木曜日からの4日間、織物と因縁の深い牽牛、織女に因み全市をあげて「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」が繰り広げられる。昭和31年に創設された一宮七夕まつりは、今では市民の夏の最大のイベントとして根をおろし、仙台・平塚の七夕まつりと並びその飾り付けのけんらん豪華さは内外の観光客から日本の三大七夕まつりの一つと称賛される程で、会期中の人出は130万人をこえる。なかでも御衣奉献大行列は、延々300mにも及ぶ大行列である。他にも、ミスの「人力車七夕道中」、「盆踊り大会」、「ワッショーいちのみや」など多彩な行事が行われる。

閉じる |